銀行 借り入れ

銀行借り入れ@即日融資&低金利の銀行借入ならココ!〜2014

銀行借り入れのメリットと難しい部分

銀行借り入れのメリットと難しい部分についてお話します。まずメリットですけど銀行は資金が豊富でしかも安定感がありますので安心して借りる事ができるという事と利息が低い場合も多いですので返済の負担があまりないというのもあります。

 

また、地方銀行の借り入れの審査の場合は、地元の人の利用者を増やしたいという事もあり地元の人は審査が若干通りやすいという事もありえます。
このように銀行借り入れは、利用しやすいというのが大きなメリットになってきます。また、普段利用している銀行ならばさらに利用しやすいです。

 

逆に難しい部分ですけど、審査の方が若干ハードルが高い事があります。特に安定性を求めている銀行の場合は、正社員でないと審査に通らなかったり、過去に少しでも延滞があると通らなかったりなど厳しい部分もあります。もちろんすべての銀行が難しいわけではないですけど、ハードルが高い銀行もあるという事です。以上がメリットと難しい部分です。

銀行借り入れのメリットは、低金利なため無理なく返済可能です

銀行借り入れとは、資金を必要とする個人に対し、民間の銀行が将来の返済の約束のもと資金を借りることをいいます。銀行借り入れのメリットとしては、低い金利で資金を借りることができ、年収の3分の1までしか借りられない総量規制の対象外であるため、高額な資金を借りることが可能です。

 

金利が低いと返済額を抑えることができることから、無理なく返済することができ、借りた資金を返済期日まできちんと支払うと印象も良くなります。印象が良くなることは、クレジットカードを新たに作る場合に審査が有利になることを意味します。

 

銀行借り入れは、他の金融機関などと比較して安定性や信頼度が高いこととともに、借り入れを行っている銀行に預金口座を持っていると融資の相談もしやすいですし、また融資の事実を他人にも話しやすいです。まとまった資金が必要な際や大きな買い物をするときは、銀行からのローン商品を使って借り入れることができるのもメリットして挙げられます。

銀行借り入れの際の利息計算について

利息計算方法については、元金に利率をかけて日数でかけた値を365で割ると出ます。365で割る理由としては、利息が通常年利で計算されるということになっているからです。他に利息の種類には月利や日利がありますが、基本的に月利の場合は12倍にして直しておき、日利の場合には365倍にして直しておくことが必要となります。

 

短期間の借り入れ期間の場合は簡単に金利の額が出せますが、長期間の借り入れの場合だと元金を返済することで銀行借入の場合利息額も少しずつ減っていくということになります。その場合は計算についてはやや複雑にはなりますが、金利の計算方法自体としては基本的にどこの大手の消費者金融でも上記の通りシンプルな計算の仕方となります。

 

変わってくるのは元金の返済額だけで変動金利制の場合金利が変わることはありますが計算方法としては同じです。 ただし、これはつい忘れてしまいがちなことでもあるので利息に関してはきちんと知識として把握して覚えておくことが賢いお金のやりくりには便利であり、またキャッシングについて大切なことといえます。

個人で銀行借り入れする際は審査が厳しい分、お得に借りる事が出来る

銀行借り入れの際の個人融資とは、主に住宅ローンや教育ローンなどの事を指す事が多いです。銀行から借入の際は企業だけでなく圧倒的に個人の方が多くなっており、毎年利用者は増えてきています。特に年齢が経つに連れ急な出費も必要な事が多くなり、お金を借りたいという時は必ず出てくるはずです。

 

基本的には大手の銀行系でまずお金を借りるのが殆どとなっており、どうしても審査が通らない場合では次に中小の消費者金融に目を移すようになります。個人で融資する際、銀行借り入れでは審査が非常に厳しいものとなります。この審査には勤務先や勤続年数、前年度の年収、家族構成、他社企業からの借入や支払いが遅れていないか?など詳しく見られます。

 

特に銀行では審査に2?3週間かかる所が殆どで、実際に融資を受けれるのは1ヶ月後となります。手続きは非常に手間がかかりますが銀行では金利が低い為、大金を借りる際にはお得に借りる事が出来ます。大金を借りる際は複数の企業から借入するより、圧倒的に安い金額で融資を受けれるのも一つのメリットとなっています。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ